DVD

2011.06.14

その街のこども

Photo


以前から気になっていて。
なんとなく、このタイミングで見てみた。

阪神大震災を15年前に経験し、神戸を離れ、

東京や横浜で 子どもから青年・女性へと成長したふたりが
震災から15年後、1/16に偶然神戸で出会って、、、というお話。

実際に震災を経験した森山未来とサトエリ。

ふたりの自然な関西弁と会話に引き込まれた。

それぞれ、傷は癒されないまま生きてきた。


 

「地震なんてわけ分からん。

なんで私よりええコが、死ななあかんねん。

一生分からんわ。」


 

 

東日本大震災を目の当たりにして、もやもやと抱えていた憤り。

この言葉に、尽きると思った。



なんで、こんなにもたくさんの人が 大切な人を、故郷を失って
苦しまなければいけないの?

 
 
 

ふたりは、夜道を歩きながら、1/17の地震の時が近づく中、
今まで目を背けてきた「当時」と懸命に向き合う。



 

今までの暮らし方、考え方が問われている今。

コンビニもスーパーもデパートも暗く消灯した新潟の街。
今までが、明るすぎたのかも。

今まで、便利すぎたのかも。

  

私に、できること。

改めて考えさせられた。

| | コメント (2)

2011.04.14

パーマネント野ばら


Cceea4d0a4e9


なんか気になっていたのを、やっと見ることができた!


最近、仕事の自分くさってる。
2日連続で20時や19時に上がることに罪悪感を覚えてしまうこと自体、
今の仕事に洗脳されているのかもしれない。

とりあえず、2日間DVD見れてすごく気持ちが晴れた!!

今日は残業がんばるぞ。

新潟の歴史を勉強しなくちゃ先に進めない。
ブライダルの原稿もたまってきている。

 




 

菅野美穂演じる「なつこ」のお母さんが「パーマネント野ばら」を経営してるんだねー。

で、そこに集まるお客さんや、なつこの幼なじみたちの恋模様。

みんなダメンズを好きになっちゃう。
それでも懲りずに前向き。

みんなアクが強い個性的なキャラクターで、なつこがめっちゃ普通に見えてくる。

 
 

けっこうテンポもよくて、さっくり見られる系かなーと思っていたら。。

 
 

なつこの恋に隠された秘密。

平和な気分で見ていた私にとっては衝撃的で、すこしショックで。。。


 
 

オドレイ・トゥトゥの「愛してる、愛してない」を思い出した。
「恋に狂う」という点で。


 
 

 

大切な人と過ごす時間が、たまらなく愛しく、かけがえのないものだと改めて感じた。

 

恋をする気持ちと、大好きな人を、もっともっと大切にしたくなる作品。

Nobara02






 

 

| | コメント (0)

2011.04.13

トイレット

Toiletsub2_mail




仕事帰り、衝動的にツタヤに行き、DVD借りて見た。

 

すんーごい集中して見ちゃった。
寝る時間と料理する時間を確保するだけで精一杯な平日。
普段は、こんなことしない。
どれだけDVD鑑賞したかったんだろう。


やーよかった! 
何が良かったかって、頭を空っぽにして、映画の流れに身をゆだねられるかんじ。
リラックスして見られて、仕事との区切りをつけられた。

途中、流れるピアノの旋律。
あれってドビュッシー? すごくすきな曲で癒された。

無性に、お寿司と餃子が食べたくなったーー

 

あとあと、おばあちゃんがトイレを出て、毎回ため息をつく理由が
なんか可愛かった(笑)

長女が着ている服、ライダースと濃紺ワンピの組み合わせもかわゆい。

 

長男が作るスカート、あれ欲しい!


みんな、少しずつ、それぞれの人生を前進していって、
良い方に向かってる。

 

ちょっとずつ、ちょっとずつなんだよなぁ。

歩む速度も人それぞれ。


 

もたいまさこの、モナリザのような微笑み、彼女の顔に浮かぶだけで救われる。

ああ、だいじょうぶなんだなって。

 

 

私的には「プール」よりも好き。




 
 

| | コメント (0)

2011.01.11

DVD2本立て

久しぶりに、DVD鑑賞。

☆セックス・アンド・ザ・シティ2


100511_satc2_main



 

やーファッショナブルでセレブな世界っていいわー☆
見るだけでこっちもその世界の住人に。。

 

結婚、出産、、、どんなに人生経験を積んでも悩みは尽きないものですね。


  

シャーロットとミランダが、「子を持つ母同士、本音で語り合おう!」ってバーで飲むシーン、好き。
女友達はこうでなくっちゃ!

 

偽りのない、ありのままの自分を受け入れてくれる存在って本当に貴重。

 

 

キャリーの悩みも、わかるなー。
テレビは見ないでほしい、ふたりでいる時はキラキラした時間を過ごしたい、ってゆう。

晩ご飯の時も、テレビなんか見ないで、今日あったできごととか、これおいしいねとか、そんなたわいもない事をおしゃべりしながら過ごしたい。

 
 

もしも、彼がテレビにうつつをぬかしたら。。。寂しいしつまらん。
しかし、バラエティ番組に勝つ程の話術が自分にない!(笑)

 

なので うちごはんの時はテレビつけません。


 
 
 

最後の方、シャーロットが詐欺まがいのおじさんについていっちゃって、サマンサのバーキンがこわされて、、、っていうシーン、

サマンサのキレ具合に若干引いたが(笑)

 

やっぱこの世界好き!

 
 
 
 
 

☆サヨナライツカ


70dd5565bee8f91aa08e187854d44d3e


 
 
 

これは、、、、ミポリンが美しすぎた。
それだけで見る価値あり。

  

正直、情熱的に引かれ合うふたりの心理があんまり伝わって来なくて、
作品全体にも入り込めなかった。

  

やっぱ最初っから寝ちゃだめでしょー。。

もうちょっと、精神的に引かれ合うところが描かれてたほうが良かった。

 
 
 

 
 

| | コメント (0)

2010.07.27

Love Letter


急に、見たくなった。

名作は時代を問わず、いつだって新鮮なかんじがする。


411zk2c3zjl_sl500_aa300_


6年ぶりくらいに見たから、ストーリーの何もかもをすっかりわすれていて。

中山美穂 ひとり二役!

声色、しぐさ、まなざし…
髪型は変わらないのに、写るだけで別人と分かる。

「サヨナライツカ」も見てみたい。

 
 

手紙のやりとりは、
のりこにとっては恋人を忘れるためのもの

イツキにとっては当時自分でも気付かなかった、恋心を思い出すきっかけだった。

切なくも、あったかい気持ちになれる。

 

最後のさわやかな終り方

美しい音楽 

 

淡い映像

 
 

岩井俊二の世界はやっぱり…いいなあ


 

| | コメント (0)

2010.07.24

空気人形

1

ずっと気になっていて、やっとみることができたー。

タイミング悪くいっつも貸し出し中!!

 

 

なんか。。。思った以上に切なかった。

ダッチワイフがこころを持ってしまって、青年に恋をして。 

 

それでも好きでもない人に抱かれ続けるってどんな思いだったんだろう。

 

こころを持つことは痛みも感じることだけど、喜びや嬉しいことも感じられる。

そう改めて思いました。

 

最後まで切なかった。 

 

 

でもでも、

ペ・ドゥナがかわいすぎ!!!

くりっとしたおめめ、すらりとした脚。

 

本当にお人形みたいで、そのみずみずしい存在感に目が離せなかった。

 

彼女を見るだけでも価値はある、と思う。

 

 

| | コメント (0)

2010.06.29

女の子ものがたり

517owgrvul_sl500_aa300_


 
 

 

やっと見れた「女の子ものがたり」♪

 

日本女子的「スタンド・バイ・ミー」なんて言われているけど、
こういうのはどちらの作品にも失礼なので 先入観をなくして見てみた。

 
 

ま、ストーリーの構成やテーマは「スタンド・バイ・ミー」的だったけどね!

 
 
 

でも女子な要素がぎっしりと。

まず、深津絵里(菜都美)がかわいすぎ♪

彼女が住んでいる古い一軒家もうらやましいくらい、ノスタルジックでカラフルでかわゆい。

編集者役で登場したのが福士誠治くん。
その役で、なんでそんなに日焼けしてるの?って思って気になったけど、とりあえずスルー。

 
 

小学生〜高校生にかけての回想シーンは、3人の女の子のテーマカラーがあって、
きいちゃんは赤、みさちゃんはは青や緑、菜都美は黄色で、服とか小物とか統一されてて、そんなさりげなさもキュン♪ってなる。

大人の菜都美が着ているワンピースが欲しい。

 
 

高校時代の菜都美を大後寿々花ちゃんが演じていて、

 

「きいちゃん、かっこわるいよ」だったかな?ってセリフを言う時の彼女の眼差しに胸打たれました。


 

最後、泣いた〜…

 

いい映画だった〜… 深津絵里が可愛すぎた〜…

 
 

100点満点の映画。

 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2010.06.27

キラー・ヴァージンロード

Photo

ずっと気になっていてついに見てみた!

岸谷五朗が監督ってゆうのが大きな理由。

 

まず出演陣が超豪華! ヒロインの2人はもちろん、ちょろちょろと出てくる人たち。。

怪しい役に、寺脇康文。友情出演? 面白かった♪

樹里ちゃんの夫役に、EXILEのマキダイ。これが一番びっくりした(笑)

暴走族の隊長に、あの誰だっけ ルーキーズでモヒカンだった人。

彼こういう役多くない?

 

とにかく痛快なので、元気のない時にも わはははって見られちゃう!

木村佳乃が美しすぎだし、樹里ちゃんが可愛すぎ!!

 

最後はしっかり泣ける…でオチがこれかいー

 

 

って。

 

 

岸谷五朗×寺脇康文の劇団ユニット「地球ゴージャス」の舞台、9月に行われるんだけど、今から楽しみ♪

 

 

 

| | コメント (0)

2010.04.19

愛を読むひと

Imga418c5eczik6zj



ケイト・ウィンスレットがこの作品でオスカー主演女優賞を取ったので見てみた。

本を朗読するシーンが好きだったなー。
どんな作品でも、ふたりが愛しあって幸せなシーンってすごく好き。

 

結局、それだけが心に残る。 

 

 

裁判中の彼女の表情。言葉にできない、心の中の葛藤や苦悩が手に取るように表現されていて、見入ってしまった。

瞳の表情がすごく豊かだなーと思いました。

 



 

長年、刑務所で過ごしてきたひとたちに、いきなり保釈を言い渡しても、その人たちに身寄りがなければ行き場も仕事もないんですよね。

それがメインテーマの映画を見たことがある。

 
 

最後は、なんだかやりきれなくなっちゃったー。

 
 
 



 

| | コメント (0)

2010.03.31

ココ・シャネル

 

51bdrdiinyl_ss400_


 

去年豊作だったシャネル映画。

オドレイ・トトゥ主演の「ココ・アヴァン・シャネル」で不完全燃焼だっただけに、ちょっぴり期待して見てみた。

 


 

お針子〜パトロンに出会い、別荘で過ごす〜最愛の人になるボーイと出会う〜独立して帽子の店を開く〜ボーイを失って、仕事に邁進〜成功をおさめる

 
 

という大きな流れは変わらないんだけど、トトゥの「シャネル」はボーイとの愛に重点を置いていたのに対して、こっちの「シャネル」は晩年のシャネルが過去を回想して物語が展開していくという流れ。

独立してからの苦労や失敗も描かれていて、シャネル自身がどのようにブランドを立ち上げていったかを知りたかった私としては、こっちのほうが内容的には満足かなー。




 

一方、ファッショナブルなのはトトゥの方。

馬にまたがったりパンツを女性が履くなんて考えられなかったのに、自分の直感とセンスを信じて突き進んだ。

飾り立てた帽子に、ふわっふわのドレスが美とされてきた時代に真っ黒でストンとしたドレスを率先して着た。

 
 

そういったかっこよさとセンスの良さが伝わってくる。

 
 
 

どっちのシャネル作品も、好きだなー。



 
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧