雑誌

2009.12.20

いつだって、映画は女のもの!

51yuzxkivwl__ss500__2  

  

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

今月号の「フラウ」。この印象的な表紙とキャッチで即買い。

 

今は、本よりも映画を見たい気分。

そして映画は断然ひとりで見る派です。

  

 

最近見たい映画がまったくなくて しょんぼりしていたのだけど、

来年から目白押し! 見たいのたくさん。

  

NINE

ペネロペやニコール・キッドマン、ケイト・ハドソン、マリオン・コティヤール。。。

豪華な俳優陣だけでも見る価値あり。

彼女たちが歌って踊るんだから、新しい魅力も発見できそう。

とくにケイト・ハドソンが好き。

彼女の、スレンダーながら大胆なドレスを着こなすセンスが好きです。

 

 

500日のサマー

切ないのか甘酸っぱいのか、どんな展開になるのかわからないけど、気になるふたりの恋愛模様。

出てくる女の子がすっごくかわいい!

イケアで新婚ごっことか、実際まねしてみてみたい。。

今のところ新潟で公開されないようだけど、楽しみな作品のひとつであります。

 

食堂かたつむり

料理がテーマの映画は大好き!!

やっぱりおいしい食べ物は、幸せの源。

食べながら怒っている人っていないもの。

料理スタッフは誰なんだろう。。。気になるところ。

主演が柴崎コウってゆうのは以外だったけど(もうすこし和風ではかなげな人かと)。

 

 

とりあえず先日は「あの頃、ペニー・レインと」を見た。

大学以来だから、約5年ぶり。。。

あの頃感じなかった感傷とか、セリフの一言一言が共感できたり、私も大人になったなあ。。。と思いました。

 

B000crrcgg_09_lzzzzzzz_2



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)