« 出産祝い。 | トップページ | メッセージ »

2012.10.04

つれづれ

 

母からメールが来て、「挙式前日は仏壇にお参りにきてね

 

本当は当日、衣裳を着てお参りをして出て行くのが一番なんだろうけど」

 

とのこと。

 

 

入籍をして親の籍は出たけれど、挙式もひとつのけじめ。

 

ああほんとうに、私はこの家からお嫁に出るんだなとしみじみ感じて、 

 

ご先祖様にもしっかりと挨拶と報告をしようと思ったのでした。

 

 

Facebookで、兄の旅仲間が父を発見しメッセージを送ってくれたらしい。

 

「マラッカの朝日を一緒に見た」と言っていたあのひと。

 

「とてもきれいだったから、いつかみなみさんも見てください」とも。

 

 

兄を忘れないでいてくれた、それが遺族にとってなんて嬉しい事なんだろう。

 

私たちのなかだけじゃなくて、その人の中にも生きている。

 

 

たくさん、話したい事あるよ。

 

旅の話。ドイツは、中国は、東南アジア、ロシアはどんな国だったの?

何を見た? どんな人と出会ったの?

 

兄の年齢は23で止まったまま、だけどいつまでも私の尊敬するお兄ちゃんだよ。

 

 

 

新婚旅行の行き先はまだ決まらない。

 

「海外、いいねぇいいねぇ」とは言うけれど、実際行くとなると国外出不精の重たい腰が上がらない。

 

でも、兄が見たというマラッカの朝日。最愛の人と、見ようかな?

 

|

« 出産祝い。 | トップページ | メッセージ »

Wedding」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出産祝い。 | トップページ | メッセージ »