« 2011 | トップページ | 星がひとつほしいとの祈り »

2011.01.11

DVD2本立て

久しぶりに、DVD鑑賞。

☆セックス・アンド・ザ・シティ2


100511_satc2_main



 

やーファッショナブルでセレブな世界っていいわー☆
見るだけでこっちもその世界の住人に。。

 

結婚、出産、、、どんなに人生経験を積んでも悩みは尽きないものですね。


  

シャーロットとミランダが、「子を持つ母同士、本音で語り合おう!」ってバーで飲むシーン、好き。
女友達はこうでなくっちゃ!

 

偽りのない、ありのままの自分を受け入れてくれる存在って本当に貴重。

 

 

キャリーの悩みも、わかるなー。
テレビは見ないでほしい、ふたりでいる時はキラキラした時間を過ごしたい、ってゆう。

晩ご飯の時も、テレビなんか見ないで、今日あったできごととか、これおいしいねとか、そんなたわいもない事をおしゃべりしながら過ごしたい。

 
 

もしも、彼がテレビにうつつをぬかしたら。。。寂しいしつまらん。
しかし、バラエティ番組に勝つ程の話術が自分にない!(笑)

 

なので うちごはんの時はテレビつけません。


 
 
 

最後の方、シャーロットが詐欺まがいのおじさんについていっちゃって、サマンサのバーキンがこわされて、、、っていうシーン、

サマンサのキレ具合に若干引いたが(笑)

 

やっぱこの世界好き!

 
 
 
 
 

☆サヨナライツカ


70dd5565bee8f91aa08e187854d44d3e


 
 
 

これは、、、、ミポリンが美しすぎた。
それだけで見る価値あり。

  

正直、情熱的に引かれ合うふたりの心理があんまり伝わって来なくて、
作品全体にも入り込めなかった。

  

やっぱ最初っから寝ちゃだめでしょー。。

もうちょっと、精神的に引かれ合うところが描かれてたほうが良かった。

 
 
 

 
 

|

« 2011 | トップページ | 星がひとつほしいとの祈り »

DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011 | トップページ | 星がひとつほしいとの祈り »