« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010.08.29

ペンダント

Penfsnt

 

友達がトルコに行ってきたお土産に、ペンダントトップをくれた。

 

スエードのひもと、家にあったレースをつけてペンダントに。

 

最近ペンダントが増えてきました-。

 

 

 

| | コメント (0)

2010.08.24

しゃっふる

Img_3362

i podシャッフル買いました♪

文明の利器から遠ざかっていたけれど。。ついにですよ。
 
ランのお供に。
このメタリックな緑色、すきー♪♪

 

届いてまず、近未来的な外装にびっくり。
 
 
開けるのに数分かかった。。。
 
んで驚くほど小さい!
 
ノリノリの曲をいっぱいいれて、気持ちよく走りたい。

 
今入ってるのはー、サカナクション、utada、サリュ、ケイコリー、クリスタルケイなどなど。
 
会社のMacに入れてた曲(オイ)をぽぽいとね♪
 
 
 
 
 
ヨガを始めて、ランを始めて、どんどん広がる仲間の輪。
 
 
スポーツがこんなにも楽しいって思わなかった。
 
夏がこんなにも開放的だなんて思わなかった。
 
 
 
週末は、飲み会の嵐!
 
体型維持のために、健康的な心身のために、これからも走り続けます。
 
 





| | コメント (0)

2010.08.22

山岳花火 角田山提灯登山

8/21、「角田山提灯登山」に参加してきました♪

去年からずーっと行ってみたくて。

 

夕方、角田山を登り、山頂から花火を眺めるという。。。

なんともサバイバル。もう20年以上の歴史があり、「山岳花火」というのは日本でも唯一ここだけ。

 

 

 

01

17:00受付で16:40くらいに稲島入り口に到着。ものすごい人で駐車場もいっぱいで、案内された道の脇に車を駐めました。

 

公民館のグラウンドで受付。受付すると損害保険に入れて、おにぎり2個と提灯がもらえる。

損害保険って・・・ビールとかお酒飲むと、無効になるんだって。

 

02

18:00 開会式のあと、ぞろぞろとみんなで列をなして登り始める。

 

0301

 

ぞろぞろーー・・・

 

1時間くらいで山頂に到着したかなぁ。

稲島コース、初めて登ったけど足場が岩と石だらけで足くじきそう! 

だんだん暗くなるし、懐中電灯は必須。

 

普段のランニングのお陰か、順調に気持ちよく登れた♪

汗はだっくだくかきました。

 

 

 

011

19時過ぎに山頂到着~ 20:15の打ち上げまでおにぎり食べながらひたすら待つ!

 

012

013

どーん!

すごい本当に目の前で花火が炸裂してる~

 

感動。。なんか本当にすごい。

一発一発、後援企業の名前が読まれてから花火が上がっていく。

中には個人名もあったり(笑)ケーキ屋さん「プレジール」の名前もあった!

 

014

015

低い花火もあったりー

そうすると、観客から「あ~~↓」みたいな声が聞こえる(笑)

 

30分で打ち上げ終了。

 

21:00過ぎに下山。

 

足場が悪いし急だから、ゆっくりゆっくり。。。

途中 危ないところには警備員の人が立ってくれてた。

 

今回は22:50くらいに登山口に到着して、23:30おうち着。 

 

021

山友達のKくん。体力勝負の花火大会に賛同して一緒に参加してくれました!

 

 

022

左、ヨガ仲間のMさんとも現地で偶然遭遇!

金曜に一緒にご飯食べたばっかりなのに~(笑)

彼女は当日に友達を誘い、急遽参加したのだそう。

 

 

あと、mixiで出会ったラン友もこの登山に参加していて山頂で会えて、今度走りましょーと言い合ったり。

  

楽しかった!

 

 

下山は、提灯やライトが灯って、夜の山道を下る一筋の光の列がすごくきれいだった。

前を歩いていたグループが「狐の嫁入りみたい」って言っていて。

狐の嫁入りも、いつか見てみたいな☆

 

| | コメント (0)

2010.08.19

エンディングノート

桂 美人 (著)

200905000201_3



図書館で、何の気なしに手に取ってみた。

 
 
 

脚本家として賞をとり、フリーとして活躍する良子という女性が主人公。

人付き合いがヘタで、でも自分が働かなければお金も入らないし売り込まなければ、仕事も来ない。
いろんーーなわだかまりや、やるせなさ、社会へのイライラが良子を包んでいて。

結婚せずに、自分の力で働き続ける女性の生き方は過酷。
(いろんな生き方があるし必ずしもそうではないんだけれど、ね。改めてそう思った)


タイトルとなっている「エンディング・ノート」は物語で重要な役割を果たす。

その名の通り、自分の遺書みたいなもの。
家族へのメッセージ、理想のお葬式の挙げ方。。。 

 

良子は家族とうまくいっていなくて、特に父とはほとんど会話をしたことがない。
でも、エンディング・ノートに書かれていた父からのメッセージには、父の温かなまなざしがあって。。

 

この本には、生と死、女性の生き方、恋人の愛し方、、いろんなことが詰まってる。

こうゆうのが身近に感じる歳になったんだなぁ(笑)

 

あと、良子の話と、良子が賞を取った映画「オバステ」のストーリーが交互に綴られている。

この構成も好き!

作品全体に重みが感じられて、さいごにどどどどーーっと感動の波が押し寄せる。

素晴らしい。

 
 
 

 

| | コメント (0)

2010.08.17

モテ脚骨盤ストレッチ DVDレッスン

山田 光敏 (著)

512fjvbqtel__ss500_

 

あは☆

こんなん買っちゃったー!

 

 

この猛暑・・・短パンを素足でさっぱり履きたくて。

できればヒールに頼らずに、ビルケンかビーサンでぺたぺたと。

 

 

中学生のころからたくましい自分の下半身に相当なコンプレックスを抱いてきました。 

高校は私服だったから、大学までほとんどバンツで過ごし。

社会人になってからはレギンスでごまかし。

 

 

そろそろ現実と向き合わねば。。。と重い腰をよっこらしょ。

 

 

 

あと、むくみも天敵だったのです。

早くも午前中からむくみが始まり、 

夕方、パンプスに入らないくらい足がむくむ。(u_u。)

朝の足はほっそりしていい感じなのにー!

 

 

 

で、なんだかんだ研究と試行錯誤を繰り返した揚句、「原因は骨盤のゆがみだ」という結論に行き着いた。

 

んで上に載せた本を買って、熟読したフラウのこれ↓

Hurau

 

で骨盤の開きを強制するストレッチを並行して行った結果、

1週間くらいでO脚が改善されて、むくみが気にならなくなった。

 

O脚は、まだヒザがつかないものの、足首がつくように。

 

スゴイ!

 

 

フツーに短パン、履いてます。

 

でもさすがに夜にはむくむけれども以前よりは断然マシ!

 

ストレッチとランで、SHIHOみたいな美脚手に入れてやるぜ☆

 

 

 

 

| | コメント (0)

2010.08.16

家族写真

 

家族がせっかく集まったんだから・・・ということで家族写真を撮りました。

ミスショット。

Kazoku01

んも~

その後、写真撮影に成功♪

0816

どこで覚えたのか。。。しっかり決め顔のなぎでした。

 

| | コメント (0)

2010.08.09

BBQ

日曜日は小針浜でBBQ♪

 

いや〜ぃやあっちかった〜〜〜〜

 

Rimg1986


 

日陰の特等席を確保し、ほぼそこから動かず(笑)

だってみんながお肉やらソーセージやら餃子やらもってきてくれるんだもん。。

調子に乗ってカクテルまで持って来させて、空いた缶まで捨てさせた。


  

40人くらい集まって、盛大で、色んな人がいて、リフレッシュになったー

 
 

「めんどい」「あつい」って行くまで相当尻込みしていたのだけど、ほんと楽しかった!!

 

毎回誘ってくれる幹事さまに感謝感謝♪♪


Rimg1985



 
 

いっつも初対面の人が多いあつまりなのだけど 
私、「金麦の檀れい」っぽいって言われちゃったよ?

Photo1

……超美女!! 

…1%でも共通するエッセンスがあったのでしょうか。色白?

 

 
 
 

そのあとはシャワー浴びてー幹事さんのお家で新潟花火鑑賞ー

 

花火はごみごみした所でちんまり座って見るより、ビールと枝豆片手にゆったり見る方がすき。

Rimg1987_2


 
 

あと少しで盆休み。

鬼のような仕事量、こなしてみせます。

 

で、早起きして走るぜ。

睡眠時間が3時間で済むからだになりたい。


 
 

 

| | コメント (0)

2010.08.08

日本海夕日コンサート

 

いってきた♪

 

Photo_2

今年で25年目を迎える、新潟の夏の風物詩。

 

*入場無料(500円以上のカンパあり)

*駐車場なし(公共交通機関で来い)

*禁煙

*ほとんどがボランティアスタッフ

*ステージデザイン、VTRなどは新潟大学生による

 

こんーな、地域密着型でラブ&ピースなイベント。

 

3年ぶりに行ってみた~。

 

今年のゲストは

前座にフロムクレセント。

彼らの音楽、好きです。亀田出身だけあって、地元の協力で作られた亀田縞の衣装着てた。ローカルな感じがいいですね~

 

KAN、山本潤子、スターダストレビュー。 

 

毎年30~40代をターゲットにした渋めのゲストですが。

 

私たちもじゅうぶん楽しめる!

 

なにより風に吹かれながら生ライブに身をゆだねる感覚が最高。

 

もうなかなか夏フェス行けないからね…これが私の夏フェス。

 

Photo_3

 

ビールはのどごしだけが目的のノンアルコール(笑)

 

Photo_4

 

ごはんは、ゴーヤのドライカレー作っていった。うま!!

 

Photo_6

日が沈んだらキャンドルをともして…

 

汗まみれになりながら、楽しかったぁ。

 

もっともっと外で過ごしたい。夏を感じたい。

 

 

 

 

| | コメント (0)

ラン

森 絵都(著)

315y4vgg29l_ss500_1

 

急に、走れなくなった。

15分も走れば息苦しくなって脇腹に激痛が走る。肩が凝る。

全身から汗がふきだしてウェアが肌にぴったり張り付く。。

 

 

変わっていく自分のからだが、伸びていくタイムが、楽しかったのに

喜びを取られたみたいになんとなく寂しかった。

 

すべてを夏の暑さのせいにしているんだけど(そう願いたい)

 

そんなときに図書館で目に付いた本。

 

 

 

んーーーーなんでしょう。

「時を駆け抜ける少女」的な? 主人公の環は現世と冥界を行き来できて、13歳の時に亡くした家族と会えるわけ。

 

冥界に行って家族と会い続けるために、環は40キロを走れるようになりたいと願い、ランを始めるわけです。

 

 

んーーー、言葉が稚拙な言い回しなのでさくさくーと読めた。

 

物語はどうであれ、ランに喜びを見いだしていく環が、今の私にはまぶしい。

あっとゆうまに10キロ走れるようになる環が羨ましく(それも好タイム!)、焦りを感じた。

 

やっぱ走ることって楽しいよなーまた走りたいなって思った。 

 

 

あと、家族の死にとらわれ続けてきた環が、だんだんと現実の「生」へと向き合い、

生きることを受け入れていく様子が描かれていて、いいかんじで物語が終わってよかった!

 

いつもいつも、導かれるようにしてその時の自分に必要な本と出会う。

不思議だな~

 

| | コメント (0)

2010.08.03

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

510hcg0vyzl_ss400__2


岩崎 夏海 (著)


会社のひとから借りて読んだ。

この萌え系の表紙がどうも好きになれない…

 
 

内容は、よかったなー。

社会人4年目、後輩もできて、仕事も責任あるものを任されるようになって。

組織に対する考え方や、組織の中で自分がどう振る舞うべきか、分かった気がする。

 

信じることと、尊敬することは何よりも大事。

後輩も先輩も、上司も。

 

後輩には、信じて仕事を任せてみる。
大筋が間違っていない限りは、どんどんそれをやらせてみる。

後輩は任されたことの嬉しさと自信で、もっともっと仕事をがんばるようになる。

 
 

これは私が支店長にしてもらったのと同じこと。

同じことを、後輩にさせてあげたいし、

活躍できるフィールドを作ってあげたい。

 

 
 

| | コメント (2)

2010.08.02

はらこ

 
 
 

Rimg1943





 

これは週末麻美ちゃんと村上行って食べたはらこ飯!

 

当たりの店だったー

 


最近写真撮り忘れることが多くて、これしか撮ってない(涙)


んんー久しぶりの遠出はとっても楽しかった!

 

次は果物狩りでー♪♪





 
 

 
 
 

続きを読む "はらこ"

| | コメント (2)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »