« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.26

アン・アン

Rimg1585



今週号のanan。買っちゃいました。

だってだって、蒼井ゆうちゃんが出てるんだもん!
大森南朋さんのロングインタビューもあるしー!

読みたい本が載ってるページに付箋を貼ってたら、結構な量に。

早速県立図書館に予約を入れてみた。



誌面のなかで、ゆうちゃんがお薦めの本を紹介しているんだけど、嬉しかったのは、私の持っている本と数冊同じだったこと。

あと、びっくりしたのは「雷桜(らいおう」がゆうちゃん主演で今秋映画公開されること。

数年前に出されたゆうちゃんの写真集で、「雷桜」が好きって紹介されていて(どんだけゆうちゃん好きなんってかんじですが)私も読んだんです。

過去のレビューはコチラ

すごく素敵な本で。。。お遊をゆうちゃんが演じるの!?けっこう野性味あふれる女性なんですけど。

ああ〜〜楽しみすぎる。



ちなみにまず図書館で予約を入れたのは、
西加奈子さんの「きりこについて」。


読みたいのは、

西加奈子「きいろいゾウ」
田辺聖子「うたかた」
太宰治「皮膚と心」
谷崎潤一郎「卍」
辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」
伊吹有喜「風待ちのひと」
角田光代「くまちゃん」
トニ・モリスン「青い眼がほしい」

・・・しばらく本の虫になりそう!



| | コメント (3)

2010.02.15

台所と雪

Rimg1558

 

今の季節は 少し日が出るだけで、道や屋根に積もった雪に日光が反射して、部屋中が光に包まれる。

 

毎朝通勤の邪魔をする雪は嫌いだけど、雪のために生まれた土壌や生活、食べ物があるわけで。

 

やっぱり新潟に、雪はなくてはならないんだと実感する。

 

あったかい西日を浴びながら、そんなことを考えて台所で料理をしていたら、あっとゆうまに3時間が経っていた。 

 

写真は、最近増えた仲間のサルとヒツジ。かわゆい♡

 

台所の片隅で、料理する私をそっと見守ってくれているのです。


今更だけどはまっている清竜人。切ない声が耳から離れないーー

 

彼の曲を聴きながら料理したら、ほくほくとあったかくて、ちょっとしょっぱい料理ができそう。

 

セカンドアルバム、ほしいなぁ。

 

 

| | コメント (2)

2010.02.04

DVD2本立て

今朝、新潟はさらっさらの粉雪が30〜40センチくらい積もりました。

雪にうもれたマイカーを見てしばし呆然。。。。30分かけて雪かきし、1時間かけて出勤。

もう仕事もやる気ないっすわ。

というわけで、週末に2本立てで見たDVDの感想日記。


向田邦子の恋文(2004年)


21dxbxshejl_sl500_aa140__2

小説が好きで、映画も見てみた。なんか 一青窈  のオープニング付きで、スペシャルドラマでやったのかな?

向田邦子さん役が、山口智子さんだったのも見たきっかけかなー。

さっぱり、ざくざくと自分の道を貫いた向田さんに、配役が合っている気がする。
というよりぴったりだった!

さわやかで、愛らしくて。

  

 

一途に、そして誰にも打ち明けずに貫き通した秘密の愛。

結婚が女性の幸せとされていた時代に、仕事に生き甲斐を見いだして、自分だけの生き方で人生を全うした。 


いつまでも色あせない、かっこいい女性だと思う。

小説では、恋愛以外に彼女の家族への接し方も描かれていて、そこも好きだったのだけど、この作品では はしょられてたなぁ。

向田さんは、尊敬する女性のひとりです。




JUNO(ジュノ)(2008年)


41gy0azkwel_ss400_

ずっと見てみたかった作品。まあ、展開は何となく予想はできる。。。。。が!

ひともんちゃくあって、そんななか、ヒロインが成長していくかんじがすごくイイ。

 

「やっぱり、自分の赤ちゃんにしたい!」とかいうベタな展開じゃなくて本当によかった。
日本のドラマだったらそういうことになりそうだよね。

ジュノも、自分の意思を貫いた。





ちぐはぐな2作品を借りたなあ、、、ってツタヤを出ながら思ったんだけど、2人のヒロインに共通する部分が、あったんだ。






| | コメント (2)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »