« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008.08.26

お豆さん

 

豆皿を、箸置きとして使う。

そんなスタイリングが気になっていたので

旅先で買ってきました。

 

P1030103  

 

 

 

 

 

 

 

 

炊き込みご飯と サラダ、という質素な朝食でした。

 

 

P1030113  

 

 

 

 

 

 

 

前日の晩ご飯を食べる機会をなくし、空腹のまま眠ったので

ちょっと豪華な朝食の図。

 

気付いたのは、キュウリの塩もみは 塩をたっぷりかけた方がおいしいということ!!

 

かわいい豆皿に大満足。

ムフフ

 

 

夜、なかなかゆっくりとできない私にとって

朝の時間は貴重。

 

朝食とお弁当を作って、

クロスを選んで、食卓を整える。

 

気分の良いときは、写真も撮る。

 

朝は、いいなあ。

 

 

 

 

| | コメント (0)

home

 

P1030087  

 

 

 

 

 

 

 

映画「西の魔女が死んだ」のロケセットを見に行ってきました。

 

山梨県の清里にて。

 

P1030093  

 

 

 

 

 

 

 

 

清潔感のあるキッチン!

とってもかわいい。

お手本にしたいですね。

 

こぢんまりとした家で、ほんっとうにかわいらしかったですhappy02 

 

 

 

続きを読む "home"

| | コメント (0)

2008.08.19

夢か現か

 

P1030081  

 

 

 

 

 

 

 

お弁当を作りながらつまむため、朝食は少なめ。

納豆は国産を買うようにしています。

粒が大きくておいしいからheart02 

 

仕事が始まりました。

今週と再来週に締め切りがやってきます。

 

夏休みボケになんかなってる暇はなく、すぐに夢から覚めちゃいました。

 

とにかく今週の締め切り、乗り切ろうwink 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2008.08.14

なつやすみ

 

夏休みは、弟も帰ってきて両親はうれしそう。

今年から東京デビューした弟は、どんなんなってくるやらと心配していたけど、

相変わらず素朴でしたconfident

 

姉的には、松山ケンイチくんの要素も入って、ニキビが治ったらイケメンだと思うんだけど。。。。どうなんだろ。

  

色気づいたのか コンバースのハイカットをネットで購入してた(サイズ29だから店頭にないらしい)。

そして、ニコニコ動画を不敵な笑みを浮かべながら鑑賞してた。

  

 

 

オトウト観察日記でした。

 

 

 

 

続きを読む "なつやすみ"

| | コメント (2)

2008.08.09

回復。

 

P1030023_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

夏バテを脱出したらしく、食欲回復happy01 

 

今日のメニューはサラダ、厚揚げのステーキ、ナスの炒め物。

 

厚揚げのステーキは、大好物です。

 

 

P1030021  

 

 

 

 

 

 

 

マイバッグ、マイハシ、マイボトルは常にカバンの中に。

財布とポーチ、ハンカチと同じくらい、今の私には必需品になっています。

 

夏の旅行に、この3点セットを持って行こうと思ったら。。。。

さっそくマイボトルを友達の車の中に忘れてきた~weep 

 

たくさん入って軽くて、こぼれにくいからお気に入りだったのに~

 

スタバでも、これに入れてもらってちゃっかり20円オフheart02 

 

  

 

明日から長い長い夏休みheart04

だけど私は、原稿が終わらずちょっと出社をしてきます。

 

今週号のananは血液型の特集なのだけど、A型の特徴にめちゃくちゃ当てはまることが多くて。

 

・優等生

・典型的な「いい人」

(↑そう、装おうとしちゃうんですよね)

・企画、アイディアには乏しいが仕事を着実にこなすので上司からのウケは良い

(↑そんな気がする)

・すべてを完璧にこなそうとするので、忙しくなると「忙しい」というだけでテンパり、機嫌が悪くなる。そしてストレスを溜めやすい。

 

ここまで当てはまると、血液型診断ってやっぱり信じちゃいます。

 

そして何より気になるのが・・・・・

 

・恋愛が人生を大きく変える。早く結婚すれば、幸せな家庭を築く。晩婚になると、バリバリとキャリアを積み 自立した人生を歩む。

 

 

ひょえ~

後者の気がする~。

でも、願望は前者。

 

 「早い結婚」って何歳まで? 

もう遅かったりしてw

 

 

今は、仕事が楽しいし覚えることも覚えたいこともたくさんあって、

バリバリやってたいんですよねheart02 

 

まあいいやflair

 

 

 

 

| | コメント (2)

2008.08.03

スワンソング

読んだきっかけ:

県立図書館で、返却されたばかりの本が並ぶ棚に収められていて、

何の気なしに手にとってみた。

タイトルと装丁の繊細さに心惹かれたのかな。。

感想:

救いようのない、悲しさ。

人を深く深く愛することって、絶望に突き落とすこともあり得るし、あたたかな幸せでつつんであげることもできる。 

 

鬱病の彼女を、献身的に看病する主人公の、大きな愛。自分自身も精神的にも体力的にも追い詰められていくのに、彼女が時折見せる 笑顔や前向きな態度に、喜びを感じていく。

「彼女が屋根ならば、僕は梁だ。もしかすると共倒れになるかもしれないけど、反対に、僕さえ潰れなければふたりはきっと大丈夫。」

そんな、けなげな気持ちが切なくなりました。 

 

悲しいけど、読んだ後はあったかくて美しい余韻の残る小説でした。

 

おすすめポイント:

「超おすすめ!!!」って絶対の自信を持ってひとにはおすすめできないかな。。。despair

なんか、胸を切り裂かれるような、痛くて重い内容だから。

 

でも、私は読んでよかった。

主人公が出版社の編集者で、その辺は参考になる記述もあったしconfident

それ以上に、読んだ後の余韻が好きでした。

  

 

スワンソング

著者:大崎 善生

スワンソング

| | コメント (2)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »