2016.10.08

自分のために。

忘れたくないから、ここに残しておく。

今日わたしは、第2子を死産した。

まだまだ小さい、13週で、心拍は止まっていた。


12週以降は、死産になる。お産をして体外に出し、出産一時金も出るし産休制度も適用される。


12週以降の流産率はがくっと下がる。だけど私は、その数%に当てはまってしまった。


死因は、胎児の染色体異常。受精したときから、産まれることのできない卵だったのだ。


ことあるごとに泣いた。助産師さんから優しい言葉をかけられては泣いたし、ネットをあさって同じような境遇のブログを読んでは泣いた。


分娩室でも、涙は止まらなかった。

もうこんな経験はしたくない。今回は縁がなかった。今じゃないって赤ちゃんが教えにきてくれた。
今じゃないんだ。


いろんなことを言い聞かせた。それでも、赤ちゃんを無事に産みたかった、という思いも消せずぐちゃぐちゃだった。


朝から陣痛の薬を2回入れて、昼に破水。軽い生理痛のような痛みはあるものの、陣痛ってほどでもなく、そのまま待った。


助産師さんが股を覗いたら、なんともう出ていた(!)

つるんという感覚もなく。

助産師さんに、安産体質ですね!!と言われた。

赤ちゃんは、ガーゼの産着に包まれ、棺に入れられて私のもとにやってきた。


不完全ながら目も鼻も口も、耳もあって。手足には小さな指。おまたには1ミリも満たないおちんちん。

男の子だった。


正直、見た目はエイリアン。けど、私にはいとおしい息子だった。

頭も肩も腕も、優しく撫でた。


分娩後は、赤ちゃんとわたし、夫、娘とゆっくり過ごした。


ここまで頑張ったね。
やっと会えたね。
かわいいね。
また、会えるよね。
楽しい家族が待ってるよ、また来てね。


娘にも、おとうとだよ、と赤ちゃんを見せた。まだ1歳7ヶ月、きょとんとしていた。

棺に、お花と、ミルクと、娘が赤ちゃんのときに使っていたガラガラを入れた。天国でも、これで寂しくないね。


火葬業者さんにお渡しして、さよならした。

いとおしい息子。かわいかった。私の赤ちゃん。

産んだ後は、すごく気持ちがすっきりして、涙も出なかった。

それはきっと、息子に会えたから。安らかで幸せそうだったから。


きっと会いに来てくれたんだね。次はきっと、元気な姿を見せてね。

| | コメント (0)

2014.12.28

10年。

昨日は兄の命日だった。

あれから10年。
今、生きていたらどうしてた?結婚してた?

やっぱり今でも失ったものを数えると涙が出てくる。

家族の突然の死を受け入れるのに何年もかかったしたくさん泣いた。

だんだん思い出すことも泣くこともへってきてそれすら罪悪感だった。


ときどき宝箱を開けるようにそっと思い出す


いしいしんじさんの本の一説にそんな言葉があって、たったその一言に救われた。


今年も彼岸花を咲かせてくれてありがとう。
来年、生まれる命が健やかに育つように見守っていてね。

流産で始まり臨月で終える2014年。
終わりよければすべてよし、ってことで今年は幸せだった。家族と、お腹の子のお陰でものすごく幸せだった。

| | コメント (0)

2014.09.15

体重と胎動。

20週、6ヶ月。

2週間くらい前から、胎動を感じるようになった。

ころころ、ぽこぽこ。

元気に動いてるのね?起きてるのね?
そう思いながらおーいと声をかけてお腹をなでる。

あなたのために栄養あるものをたくさん食べるよ。色んなママや赤ちゃんに会って母親になる準備をするよ。


にしても気がかりなのはたやすく増える体重。ちょっと食べ過ぎるとドン!あまり食べられないと微減。


妊婦恒例の食欲が私には押し寄せず、むしろもたれやすくて食べられていないのに着実に増える。

次回の検診で先生に注意されそう!


でも、生まれたらきっと何てちっぽけな悩みだったんだと思うはず。
おおらかに気張らずに。


フランスの子育てに関する興味深い本を読んだ。フランス人は生まれた瞬間から赤ちゃんを一人の人間として敬い、眠りかたや食べ方、公の場でのふるまい方を粘り強く、かつ絶対できるという確信を持って教える。


だからフランスの子どもは夜泣きしないし騒がない、食べ物で遊ばない。


日本で日本人がこんな教育は可能?
自分の中に確固たる信念と方法論がなければ、ただの真似事なら絶対に無理。


でも、参考にすべき点は見習いたいし、そんな考えもあるんだと視野を広げるのに役立った。


私はまだ、子育てがよく分からない。

| | コメント (0)

2014.08.27

いのち。

おなかに、命が宿った。

現在176日、5カ月。

 

ここまでこられて、ひとまず安心しているというのが正直な気持ち。

これからも、一段一段成長の階段を登っていくんだね。

 

早く会いたくてたまらない。

愛しくてたまらない。

 

| | コメント (0)

2014.02.09

京都。

京都。


出張で京都に行ってきた。

突き抜けるような非日常的感覚。出張と言っても普段の仕事ではないし、遊びみたいなものだしすっかりリフレッシュ!

写真は、カフェで出てきた器。メガネの柄は私がメガネ女子だから??

だとしたらシャレがきいてるねー!


京都の友達とも会えたし、出張では普段会えない他支店の人とも会えて大満足。

明日から仕事がんばろ。
来週はハードだから、乗り越えなきゃ。

| | コメント (0)

«繋留流産。